北大での診察

タイトルには、北大での診察と書きましたが、連れていった初日は先生とお話しして、まめを診察室でそのままお願いして(引き渡して)おしまいでした。
私たちが着く予定時間があいまいだったので、予約は少し遅めになっていたようで待合室でかなり待ちました。名前を呼ばれて、診察室に行くと先生が2人いました。片方は電話でお話しした専門の先生、もうひとりは若めの先生というかんじでした。専門の先生は事前に電話でお話ししたためか、細かい治療の説明はなく、2点だけ了承してもらいたいことがあるとのことで、次のことを説明されました。
ひとつは、放射線治療が何らかの理由で予定の回数の途中で中止になったとしても、放射線治療の治療費は全額負担しなければならないこと。やはり大学なので、研究の意味もあり、もともとギリギリの価格で設定しているそうです。
もうひとつは放射線治療が終わったら、定期的にMRIのフォローアップを受ける必要があること。まめのためもありますが、ここもやはり研究の意味もあるようです。わが家のように遠隔地の場合は紹介元の病院で定期的に検査を受けて、その結果をフィードバックすればよいそう。ただ、北大で受けると治療後のMRIはかなり低価格なんだそうです。
放射線治療の実績でいうと、平均8カ月くらい効果が見られるそう。効果が見られるというのは、そのくらいたつと発作が起きたり、また腫瘍が悪さをし始める。そんなふうにおっしゃっていました。でも、あくまで平均だから、それより長い子も短い子もいると。まぁ、当たり前ですよね。そして、8カ月というのも少し前のデータなので、今は機器もよくなり、精度高く、強めの放射線を当てることができることもあり、今は1年くらいかなーとおっしゃっていました。そして、精度高くなっていることから、また悪さをし始めたときには再度放射線を当てるということもできなくはないそうです。現実的にやるかどうかは別としてですが、選択肢があるということは単純にうれしく思いました。そんな話をきいて、おしまい。これからCT検査などをして、問題がなければ、明日から治療に入りますと。
あと、面会については病院がやっていない日でも可能とのことでした。入院中の子の様子を見るために先生は来ているので、インターホンを押せば会うことはできるそうです。なので、面会に来る日は事前に電話連絡をしてから伺う約束をしました。そのまままめと持参した薬とご飯を預けて、私だけ診察室を出ました。
この日は支払いはなし。そのまま空港に向かいました。予約していた飛行機の便を早めの便に変更して、からっぽのカートを空港から自宅に宅急便で送ってもらい、自宅に帰りました。
もうかなり前のことですが、この頃のことは日常とはかけ離れすぎていて、そのときの状況とか気持ちとかはよくおぼえています。本当に必死だったなーと思います。
こうして、まめの放射線治療が始まりました。

[PR]
# by mamekan05 | 2017-01-13 17:00 | 病気について(ふりかえり記事)

北大についた!

フェリーに乗り込むときは父にコットを抱えてもらい、私がフレームを持って、乗り込みました。乗り込むときの階段が長くて、、お父さんごめんねという気持ちに。船内はエレベーターもあり、カートに乗せて移動できました。ペット客室は一番奥にあり、部屋にはゲージが備えつけられています。そこでご飯をあげて、お水をあげました。もうここからはまめを閉じ込めなくていいので、ほっとしました。父と交代でうとうとしたり、お風呂に入ったり。まめも眠ったり、少し吠えたり。
b0367252_17022663.jpg
わりとあっという間に翌朝苫小牧につきました。船を降りてからは、港を散歩して、7時に予約していたペットタクシーに乗って、北大に向けて出発です。ペットタクシーの中ではまめを自由にしてよいとおっしゃってくれたので、ゲージから出してひざの上に乗せて行きました。そんなかんじで8時半すぎに北大動物病院に到着しました!
b0367252_17020112.jpg
長くかかったわりに内容がなくて、すみません!!

[PR]
# by mamekan05 | 2017-01-11 16:38 | 病気について(ふりかえり記事)

胃腸炎?

こんにちは。あけましておめでとうございます。
まめは、12月7日の朝の発作以来、発作を起こさず、日々過ごしています。そろそろ1ヶ月。。再発の引き金となっていませんように。
昨年の12月25日の夜、3時間ほど留守番してもらい、、帰宅すると、まめがぶるぶると震え出し、突然嘔吐しました。帰宅して、まめに薬を飲ませようとした瞬間、ピャーッと嘔吐です。いつも、薬は確実に飲むように、口を開けて、手で口の奥に押し込みます。とりあえず片付けて、掃除をしたのですが、その後も何回も嘔吐。。薬を飲ませても、水を飲んでも嘔吐してしまうかんじで、まさにこどもの胃腸炎のときのよう。
嘔吐のことも心配でしたが、薬を飲ませられないことが大問題。とりあえず少し落ち着いたところで、薬を小さく割って飲ませました。その後、数時間は吐かなかったので、何とかなりましたが、まめにとって胃腸炎も油断できないことを認識しました。これからは胃腸の調子が悪いときは早めに病院に連れて行こうと思った年末でした。
翌日からは嘔吐もなく、元気にしています。たまにご飯を食べない日もあれば、寝ていることが多い日もありますが、おやつは食べるし、散歩にも喜んで行くので、今のところはまあまあ調子はよさそうです。
今月はMRIもあるのですが、何とか良い結果が出るとよいなぁと思っています。↓散歩の写真はブレがち。。
b0367252_17100564.jpg

☆☆
北海道への移動についてはもう古い話になってしまったので、あと1回くらいでさくっと北大に着くペースで終わらせようと思います

[PR]
# by mamekan05 | 2017-01-06 17:25 | リアルタイムまめについて

北大までの移動 2

19時08分に八戸駅に到着しました。八戸駅にはエレベーターも整備されており、何のトラブルもなく改札をでることができました。ちなみに手回り品切符の提示を求められることは、一度もなかったです。

予約しているフェリーは22時。予約の時に21時までには港に来るようにと言われていたので、少し時間がありました。
タクシーを予約していなかったので、まずはタクシー乗り場を確認。たくさんタクシーがとまっていたので、少しまめを歩かせてあげることにしました。駅前をぶらぶらと少し散歩をして、夜の分の薬を飲ませました。翌日の診療に備えて、12時間前から絶食だったので、夕飯は少し遅めにあげるために、フェリー乗り場であげることにしました。
20分ほどぶらぶらとして、タクシー乗り場に向かいました。並んでいる人もいなかったので、先頭のタクシーに近づくと、運転手さんがドアを開けてくれました。「ケースに入っている犬を一緒に乗せたいのですが、大丈夫ですか?」とお聞きすると、快諾してくださいました。乗り場のところで、コットをカートから外したり、カートを畳んだりしていると、運転手さんが降りてきて手伝ってくれました。カート部分は持参していた大きな大きなゴミ袋に入れてトランクにしまってもらい、コットは持参していた新しいレジャーシートを座席の上に広げてその上においてもらいました。たまたまご自宅にも犬を飼ってらっしゃる犬好きの運転手さんに当たって、とてもラッキーでした!港まで着くと、また降ろすのを手伝ってくださり、とても助かりました。お礼の気持ちをこめて、少しだけ多めにお支払いしました。
フェリー乗り場では、まず乗船手続きをしました。事前に予約していたので、窓口で予約内容を確認して、お支払いをして、カードキーを2枚もらいました。まめに関しては、特に種類や注射済票を確認されることもなく、承諾書みたいなものにサインをしただけでした。あとは売店でお弁当を買って食べたり、まめに建物の外でご飯をあげたり、散歩したりして過ごしました。
↓フェリーの乗船券とキー。今となっては思い出の品です。
b0367252_10451580.jpg
つづきます。


[PR]
# by mamekan05 | 2016-12-21 11:00 | 病気について(ふりかえり記事)

北大までの移動 1

3月24日。夫と長男を送り出すまでは普通の朝。ここから特別な1日の始まりです。午前中に家事をがしがしと進めて、夕方の出発に備えます。自分の荷物は最小限に、まめと娘の荷物を何度も確認しました。午後からは給水器を外して、水分を控えました。新幹線の中で疲れて寝てくれるように、出発前に長めに散歩をしました。夕方、最寄り駅まではカートを押しながら、まめを散歩させて歩きました。駅に着いたら、カートにまめを乗せて、上のチャックを閉めました。
有人の改札で「犬を乗せたいので、手回り品切符をください!」と言うと、ちらりとカートを見て、切符を発行してくれました。切符といってもただのレシートです。当時280円でした。↓これ。
b0367252_10371732.jpg
カートにつけるか、求められたときに提示すればよいそう。一応、カートからコットを降ろしたほうがよいか確認しましたが、そのままでよいとのことだったので、そのままホームまで行き、電車に乗り込みました。
16時46分、大宮駅ではやぶさに乗り込みます。途中、コットの上からまめの様子を覗きこんでみましたが、中で伏せて寝ていました。カートが少し大きいので、まめは座席ではなく、デッキで過ごすことに。デッキに父と交代で出て、まめの様子を見ていましたが、暴れることも吠えることもなく、おとなしくしてくれていました。ただデッキはすごく音がうるさいので、まめに少しかわいそうだったかなーと思いました。仙台を過ぎると、乗客がぐっと少なくなりました。意外にあっという間に、19時08分に八戸駅に到着です。

つづきます。




[PR]
# by mamekan05 | 2016-12-21 10:48 | 病気について(ふりかえり記事)